本文へジャンプ
桜座一家
Sakura The Family
脚本・演出家の秋山シュン太郎がプロデュースする集団です。座員には、乙女文楽の人形遣いと舞台役者が在籍し、人形と役者が共演し、古典の魅力をアピールする集団です。
                     2017年4月山本能楽堂公演「つる女房」より

桜座一家
現在上演中の作品
『静御前〜うすずみ色の空〜』

乙女文楽・人形遣いの桐竹繭紗也こと坂本真奈美が浄瑠璃人形を操り、役者との掛け合いで、あまり語られなかった静御前の後半生を情緒豊かに演じられる演目です。

坂本は「少女」「静御前」「静御前の母・磯禅師」の三役の声を演じ分け、棒使い人形、乙女文楽人形の二体の人形操作は見ものである。

『つる女房』

 ご存知「つるの恩返し」の物語ですが、一味違った作品になっています。近々写真をアップしますので、お待ちください。またこの作品は子どもから大人まで楽しめる作品になっていますので、是非お声をおかけください。(上演時間約50分)


博士の仲間たち
桜座一家の妹分。
この集団はアマチュアの集団で、子ども向けやシニア向けの作品を得意とする集団です。
人形劇の他に、講談調の作品を手がけている。
作品は
説経節「しんとく丸」(約45分)
同 「山椒大夫」(未発表)
講釈「フランダースの犬」




「クジラに乗ったお月さま」
(子ども向け約30分)
「あめあめふれふれ」(シニア向け約40分)

研究生募集
博士の仲間たちでは、研究生を受け付けています
稽古は月二回
天王寺区民センターで稽古をしています。
稽古内容:セリフの稽古、語りの稽古
詳しい内容はこちらから(pdfデータ)

上演・講演を希望される方へ
桜座一家、博士の仲間たちの上演依頼をお受けしています。
乙女文楽の単独公演から、講演会までお受けしています。


上演スケジュール
桜座一家/博士の仲間たち上演予定

2017年12月10日(日) 近鉄八尾 光専寺
「しんとく丸」「マネキン情話」 14:00〜
入場料1000円

2017年11月17日(金) 「くじらに乗ったお月さま」
丹波ささやま人形劇フェスタ

2017年11月14日(水) 「くじらに乗ったお月さま」
丹波篠山四季の森生涯学習センター
きらきらカーニバル

2017年11月1日(水)
野沢温泉村 「天王寺蕪一代記」 天王寺歌舞楽舞披露

2017年11月2日(木)
野沢温泉村老人福祉センター 「しんとく丸」





   3-21-6, Komagawa, Higashisumiyoshi-ku Osaka-shi, Osaka, 546-0043,  [ Office B1 ]