本文へジャンプ
桜座一家
Sakura The Family
脚本・演出家の秋山シュン太郎がプロデュースする集団です。座員には、乙女文楽の人形遣いと舞台役者が在籍し、人形と役者が共演し、古典の魅力をアピールする集団です。
                          2016年10月公演より

桜座一家
現在上演中の作品
『静御前〜うすずみ色の空〜』

乙女文楽・人形遣いの桐竹繭紗也こと坂本真奈美が浄瑠璃人形を操り、役者との掛け合いで、あまり語られなかった静御前の後半生を情緒豊かに演じられる演目です。

坂本は「少女」「静御前」「静御前の母・磯禅師」の三役の声を演じ分け、棒使い人形、乙女文楽人形の二体の人形操作は見ものである。


博士の仲間たち
桜座一家の妹分。
この集団はアマチュアの集団で、子ども向けやシニア向けの作品を得意とする集団です。
人形劇の他に、講談調の作品を手がけている。
作品は
「クジラに乗ったお月さま」(子ども向け)
「あめあめふれふれ」(シニア向け)

研究性募集
博士の仲間たちでは、研究生を受け付けています
稽古は月二回
天王寺区民センターで稽古をしています。
稽古内容:セリフの稽古、語りの稽古
詳しくはこちらまで

上演・講演を希望される方へ
桜座一家、博士の仲間たちの上演依頼をお受けしています。
乙女文楽の単独公演から、講演会までお受けしています。


上演スケジュール
桜座一家/博士の仲間たち上演予定
2017年8月(予定)桜座一家、博士の仲間たち
「つる女房」「クジラに乗ったお月さま」

2017年6月18日(日)(予定)博士の仲間たち
「クジラに乗ったお月さま」

2017年4月18日(土)桜座一家
新作「つる女房」「しんとく丸」お披露目公演(大阪)
於 山本能楽堂

2017年年2月18日(土)桜座一家
第38回Kyoto演劇フェスティバル特別企画(京都)
「静御前」
於 京都府文化芸術会館
前売り800円
チケット予約はここから

(お名前、チケット枚数、を書いてお送りください。当日受付でチケットとお引換します)

   3-21-6, Komagawa, Higashisumiyoshi-ku Osaka-shi, Osaka, 546-0043,  [ Office B1 ]