○○の趣味 本文へジャンプ

「静御前〜うすずみ色の月〜」

弥生三月の十六夜の月がかかる小さな沼。富山の薬売りの伝兵衛は、沼に身を投げた少女を助けた。少女の名は琴柱(ことじ)といい、白拍子の見習いであった。死を懇願する琴柱だが、理由を聞かせてもらわなければ放っては置かぬ伝兵衛に、琴柱は少しずつ口を開いてゆく。その身投げの理由とは、源義経と静御前(しずかごぜん)の悲しい恋の物語であった。

公演履歴 2016〜
集団・演目 場所・等
2016年
4月3日(日)
桜座一家
「静御前」
第20回なにわ人形芝居フェスティバル
一心寺開山堂
7月13日(水) 桜座一家
「静御前」の舞と乙女文楽の実演解説
大阪ライオンズクラブ定例会(大阪)
中之島ロイヤルホテル
8月6日(土) 桜座一家
「静御前」
いいだ人形劇フェスタ2016(長野)
黒田人形浄瑠璃伝承館
10月23日(日) 桜座一家
「静御前」
一心寺日曜学校(大阪)
一心寺シアター倶楽
2017年
2月18日(土)
桜座一家
「静御前」
第38回KYOTO演劇フェスティバル特別企画として参加
京都府立文化芸術会館(京都)